toggle

文学

断食芸人 

 

 

断食芸人 – カフカコレクション

静かに死を迎える断食芸人。人生の半分を病と生き、言葉と生き、そして、生涯無名だった作家の絶筆作品。

* カフカの「闘病」については『病者カフカ – 最期の日々の記録 – 』に詳しい。

著者 : フランツ・カフカ – 作家 池内紀訳 出版 : 2005年(初版1924年)

BUY THIS BOOK

 

 

 

悲しい本

 

 

悲しい本

我が子を失った父の乾いた喪失感を、繊細で温かな視線で縁取った一編の詩のような絵本。

著者 : マイケル・ローゼン – 作家、クウェンティン・ブレイク – 画家 谷川俊太郎訳 出版 : 2004年

BUY THIS BOOK

 

 

 

キャッチャー

 

 

 

キャッチャー・イン・ザ・ライ

原著は1951年出版。50年以上前のニューヨークを歩く ホールデン・コールフィールド 「ぼくは、ライ麦畑の Catcher (つかまえるもの)になりたいんだよ」と彼は言う。胸の内で 「お願い、つかまえて」と叫びながら ─── 

著者 : J.D.サリンジャー – 作家 村上春樹訳 出版 : 2003年(初版1951年)

BUY THIS BOOK

1 2 3

Share Buttons
Share on FacebookTweet about this on Twitter