toggle

思想

%e8%81%b7%e6%a5%ad%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%ae%e5%b0%8f%e8%aa%ac%e5%ae%b6

 

 

職業としての小説家

村上春樹にとっての 「書くこと」が赤裸々に綴られた自伝的エッセイ。

著者 : 村上春樹 – 作家 [Web] 出版 : 2015年

BUY THIS BOOK

 

 

 

修行論

 

 

修行論

合気道の「学び」の体験をもとに書く、複雑で混沌としたこれからの世界を靭くしなやかに生き抜く思想。

主体と客体の二元性が溶融した状態、入力と出力という継起的なプロセスがない状態を、武道の用語では「機」と言う。-p137

著者 : 内田樹 – 思想家、武道家 [Web] 出版 : 2013年

BUY THIS BOOK

 

 

 

kanashimi

 

 

「かなしみ」の哲学 - 日本精神史の源をさぐる

本居宣長、宮沢賢治、八木重吉、「かなしみ」と向き合ってきた日本の作家たち。

著者 : 竹内整一 – 倫理学者 出版 : 2009年

BUY THIS BOOK

1 2

Share Buttons
Share on FacebookTweet about this on Twitter